巨大なダニ(カタダニ?)

鋏角亜門 クモ網 ダニ亜網 ダニ目 マダニ科?  約9mm

OOKIIDANI_6135
まるでつぶれた柿の種が歩いている様でした

OOKIIDANI_6162

OOKIIDANI_6170
スケールは0.5mm刻みです

 

自宅の庭で発見した「巨大ダニ」です。
種類ははっきりしませんが、平たくて革質の外皮をもっているところは「マダニ」の仲間の「カタダニ」と呼ばれるグループのように見えます。
カタダニの仲間には1cmほどになる種もあるとのことで、主として哺乳類や鳥類などに寄生して吸血する種類のようです。

前肢を広げてポーズをつけている仕草は、取り付く相手を探しているように見えます。
(人の気配を感じるとこのポーズをとっていたことから、威嚇かもしくは取り付く態勢のように感じました)
見つけたときは、吸血性なのか植物食なのかもはっきりしないため、何となく手に取って見る勇気はありませんでしたが、頑丈そうな肢にしっかりした爪があるように見えますので吸血性であるように感じました。

大きさが判るようにと思ってスケールを当ててみましたが、鋏角の先から体の後端までが約9mm程もありました。

その後一度も出会っていませんが、詳しい正体は一体何なのでしょうか…気になります。

---------------------------- 2007.10 追記----------------------------

2007年の夏にまた出会いました(^^)
今回出会ったのは、夜、自宅でパソコンをいじっていた私の膝の上でした。
当日は、昼間は湖西連峰で山歩きをしていたため、体に付いてきたのかもしれません。
今回の個体はちょっとだけ小さく、全長7mmでした。
やはり、コイツは「カタダニ科」に属する大型の吸血性ダニのようですが、これにやられたらどうなっちゃうんでしょう…。
チビッコのマダニに喰い付かれただけでも2週間は痛痒さが続き、痕は1ヶ月ほど残りました。

OOKIIDANI_3174.JPG - 60,727BYTES

OOKIIDANI_3213.JPG - 58,408BYTES
下に合成した等倍のスケールで7mmほどです。

OOKIIDANI_3192.JPG - 67,042BYTES
口器(鋏角)は長く伸びていて、触肢が両側からガードする構造のようです。