ベッコウシリアゲ 

シリアゲムシ目 シリアゲムシ科  約17mm

立派な交尾器を持ったオス
ベッコウシリアゲ(オス)

ベッコウシリアゲ(オス) ベッコウシリアゲ(オス)

卵でお腹がはちきれそうなメス
ベッコウシリアゲ(メス)

ベッコウシリアゲ(メス) ベッコウシリアゲ(メス)

主に山地などに棲む、シリアゲムシだけで構成されるマイナーな(?)昆虫群です。

ベッコウシリアゲは、東三河では山地で8〜9月頃見られます。
(春にも発生があるとのことですが、未確認です)
弱々しく飛んで葉の上などに止まることが多く、明るい色とも相まって、見つけ易いものです。

腹端を持ち上げている姿勢から「シリアゲムシ」と名付けられています。
頭部は鼻面が長く、オスの腹端にはヤットコのような交尾器官が付いています。

また、本種は「ヤマトシリアゲ」の季節型であるとの説があります。