オキナワトラフハナムグリ

甲虫目 コガネムシ科  約13mm

okinawatorafuhanamuguri_4244371.jpg - 127,052Bytes

okinawatorafuhanamuguri_4244365.jpg - 120,604Bytes

okinawatorafuhanamuguri_4244374.jpg - 120,666Bytes

4月下旬の沖縄遠征で、やんばるの森を歩いて一頭だけ出会うことが出来ました。
時期的には既に発生のピークは過ぎていたようですから、出会えただけでもうれしい気がしました(^o^)

本土の「オオトラフコガネ」の近縁種で、一回り小さいことを除けば姿かたちはよく似た印象です。
和名がコガネだったりハナムグリだったりとややこしいですが、どちらも同属の近縁種です。(図鑑でも年代や著者によって様々)

本種の場合は、「オオシマトラフコガネ」の別名もありますが、この名前は琉球諸島全体に分布するもののことで、沖縄本島と久米島に分布するものを別亜種として「オキナワトラフハナムグリ」と呼んでいるようです。

体色や模様には変異があり、写真は一般的な体色のオスですが、オスの中にも地色が黒いものが現れますが、出現率は低いそうです。
今回確認できませんでしたが、メスは全て地色が黒とのことです。