オオトラフコガネ

甲虫目 コガネムシ科  15mm前後

オオトラフコガネ
こちらの個体は羽化して間もないのか、まだ体に泥がついています。

オオトラフコガネ

オオトラフコガネ

オオトラフコガネ
トラフの名の通り?実は体はトラ縞のパンツをはいています。

オオトラフコガネ
顔はけっこう豚鼻と思ったが、なんだか水牛のような顔ですね。

非常に特徴的な模様と明るい体色で、コガネムシ界の貴公子ですね。
我が家周辺で見ることの出来ない昆虫で、図鑑やインターネットで見て以来、ずっと出会うのを楽しみにしていました。
形態などから、ヒゲブトハナムグリと同系統かと思っていたのですが、ハナムグリの系統のようです。

7月後半、梅雨明けを待ちかねたように出掛けた茶臼山(愛知県と長野県の県境の愛知県最高峰)で初めて出会いました。

花の上で見られるイメージでしたが、その日に出会った三個体は全て林床の笹の上で定位しているオスだったので、ややイメージと違いました。
その日は前線の影響で気温はそれほど高くない割りに蒸し暑い曇天だったため、あまり活発に飛び回らなかっただけかもしれません。

メスはオスとは全く違って、黒地に僅かに黄色い斑紋があるだけのようです。

------------------------2009年8月追記------------------------

これまで見たことの無かったメスと出会うことが出来ました。
サイズ的にはオスよりもやや大きめ、背面だけでなく、腹面側も真っ黒でした。
ただ、ネットなどで見ると模様の程度は個体差があるようで、今回であったのは最も地味(?)なもののようです。
しかし、飛んでいるときの腹部の背面側は鮮やかなオレンジ色に見えました。

ootorafukogane_4602.jpg - 75,431Bytes

ootorafukogane_4597.jpg - 76,626Bytes