キイロクビナガハムシ 

甲虫目 ハムシ科  体長8mm前後

キイロクビナガハムシ

キイロクビナガハムシ
翅の点刻が強く、腹部・脚が全て黒いのが特徴

やや大型で、非常に美しいハムシで大のお気に入り。
以前見つけたときにはうまく撮影できなかったため、捲土重来を期していた(?)相手です。

名前とは裏腹に、まるで濡れたルージュのような艶のある赤色の前翅に、かなり強めの点刻列があるのが特徴です。
実際には体色の幅はけっこうあるようで、もっとくすんだ色のものもいるようなので、一概に「名前と実際が違う」という指摘は当たらないのかもしれませんが…
(ただ、時々「標本をもとに名前を付けたため、実際の体色と名前が合わない」といったこともあるような気がします。)

同時期に見られる「アカクビナガハムシ」もよく似ていますが、ひと回り大型なこと、点刻はこの種のようには強くないこと、腹部が黒くないことが見分けるポイントです。