ヒロオビジョウカイモドキ 

甲虫目 ジョウカイモドキ科  体長4mm前後

ヒロオビジョウカイモドキ
オスの触角は第二節が肥大している

ヒロオビジョウカイモドキ
メスはオスに比べるとやや大きいが、触角は「普通」

ジョウカイモドキ科は、類縁的にはジョウカイボンに近いわけではありませんが、小さい割には肉食性で、姿形がジョウカイボンを思わせます。
すべて体長4〜6mm以下の、小型の昆虫です。

最も普通に見かける「ツマキアオジョウカイモドキ」に比べると個体数もそれほど多いわけではないようで、偶然出会うくらいの機会しかありませんでした。

こちらもオスの触角は第二節が肥大して異型を呈していますが、メスの触角はストレートです。
生活についてはよく判りません。