ヒメキンイロジョウカイ

甲虫目 ジョウカイボン科  約20mm

himekinirojyoukai_0455.jpg - 66,710Bytes

himekinirojyoukai_0459.jpg - 64,653Bytes
いかにも肉食系の顔立ちです。

himekinirojyoukai_1422.jpg - 70,959Bytes

himekinirojyoukai_3008.jpg - 65,713Bytes

himekinirojyoukai_2534.jpg - 69,665Bytes
初めて出会った個体は羽化時の事故でか?かなり翅などが破損していた。

キンイロジョウカイ属は大型の美麗種を多く含む仲間たちですが、「キンイロジョウカイ」が最も大型かつメタリックな美しい輝きのある代表種で、メスの体長は20mmを越え、頭部も大型で迫力満点です。
「ヒメキンイロジョウカイ」は「キンイロジョウカイ」に比べるとやや小型で、艶も控えめです。
また、「キンイロ」の場合は前翅の後半に褐色の領域があるのに比べ、「ヒメキンイロ」の場合は前翅の表面はほぼ均一の色合いです。
サイズ的に近い、平地で見られる代表種の「ジョウカイボン」に比べ、本種を含むキンイロジョウカイ属は前翅の基部が幅広くて「怒り肩」なのは力強さを感じさせます。
(個人的には「犬みたいな顔付き」も肉食系を感じて好きです。)

同属の「アオジョウカイ」は東三河の低山地でも見られますが、こちらの「ヒメキンイロジョウカイ」は、更に標高の高い山地でないと見られません。