スキバツリアブ
2007.04.08 一部追記しました

双翅目 ツリアブ科  約15mm

スキバツリアブ

スキバツリアブ スキバツリアブ

大型のハチに似た姿をしたツリアブです。
体は密に毛で覆われ、腹部はある種のハチのように虎縞のパンツをはいています。
ツリアブ独特の顔付きをしていますので、顔さえ見ればツリアブだと判ります。

林とその周辺などでよく見られます。
木漏れ日の射す地面などに、直接お尻を着けて産卵しているようです。
ハナバチに寄生して育つとのことですが、どう見てもハナバチなどの巣とは関係ない地面に産卵しているように見えますが、幼虫はいったいどういう生活をするんでしょうか?

気に入った位置というものがあるようで、何匹も集まって場所を奪い合ったり、まとまって産卵しているところも見られます。
お気に入りの場所からなかなか離れることはありませんが、近づくとすぐに飛び立ってしまいます。

------------------------2007.04.08追記---------------------------

産卵に関連した行動だとは思いますが、実際に産卵しているわけではないようです。(お尻に砂を付けている??)
2007年4月上旬に、ビロウドツリアブが同様の行動をとっているのを見たところ、砂のハンバーグ(?)を造ってお尻に付けていました。ハンバーグはお尻に付けたまま飛び立ち、飛び去った痕には何も(卵など)残していないようでした。
これは卵をカムフラージュする手段でしょうか?それとも単なる生理的欲求?
そういえば、クロバネツリアブでもお尻を地面に押し付ける行動を見たことがありますね。

ビロウドツリアブの行動についてはこちらをご覧下さい。

お気に入りの場所(?)で産卵中→実は産卵ではない?
スキバツリアブ スキバツリアブ