モンキアシナガヤセバエ

双翅目 ナガズヤセバエ科  約13mm

monkiasinagayasebae__9883.jpg - 77,745Bytes
翅には模様はありません。

monkiasinagayasebae_9888.jpg - 65,752Bytes

monkiasinagayasebae_9895.jpg - 75,335Bytes
胸部背面の模様はシンプルです。

monkiasinagayasebae_06218.jpg - 73,663Bytes
口吻は非常に長く伸び、柔軟です。

------ 2012.07 ホシアシナガヤセバエと混同していたため、写真を差し替えました。 -----

なんとも珍妙な姿をしたハエです。
クヌギなどの樹液に集まりますが、意外に「どこにでもいる」というわけではないようです。

図鑑などではよく似た「ホシアシナガヤセバエ」が紹介されていますが、本種は翅にこれといった模様が無いのと、胸部の模様がシンプルな縦線のみなので、見分けは容易でしょう。

近づくと、素早く歩いたり止まったりしながら移動して結構せわしない様子ですが、簡単に餌場から離れることは無いので観察は容易です。

樹液などの餌場の力関係ではかなり下位に位置すると思われる彼らですが、実際には彼らにとってはカナブンなどのオシッコ(^^;でも十分栄養価の高い餌となるようです。