ホシアシナガヤセバエ

双翅目 ナガズヤセバエ科  約13mm

hosiasinagayasebae_4783.jpg - 77,998Bytes
胸部背面の模様は列が多くて断続的。(「モンキ」の方は濃淡はっきりで連続的。)

hosiasinagayasebae_4786.jpg - 77,835Bytes
には斑の模様があります。

hosiasinagayasebae_5147.jpg - 65,458Bytes
顔付きは「モンキアシナガヤセバエ」とそっくり。

hosiasinagayasebae_08728.jpg - 78,367Bytes

hosiasinagayasebae_08739.jpg - 78,487Bytes
樹液の周辺に産卵するメス。

モンキアシナガヤセバエ」と同様になんとも珍妙な姿をしたハエです。
こちらもクヌギなどの樹液に集まりますが、意外に「どこにでもいる」というわけではないようです。

図鑑などではこちらの「ホシアシナガヤセバエ」がよく紹介されていますが、本種は翅に斑模様があるのと、胸部の模様がやや複雑で断続していることから、見分けは容易でしょう。

近づくと、素早く歩いたり止まったりしながら移動して結構せわしない様子ですが、簡単に餌場から離れることは無いので観察は容易です。

代表選手の写真だけで同定して満足していましたが、よくよく見ると同じ場所に混在していることも多々ありました。