オオスズメバチ 

膜翅目(ハチ目) スズメバチ科  体長30mm前後

オオスズメバチ

オオスズメバチ

我が家周辺などの平地から山地まで、意外に普通に見られる日本最大のハチです。
黄色と黒の警戒色だけでなく、大きくてまっ黄色の頭部なども毒々しさであふれています。

まさに、最大最強のハチで、毒性も非常に強いため、毎年このハチに刺されたことによる死者が出ています。
特に、2度3度と刺されることで、過剰なアレルギー反応によりショック症状が出るとのことで、非常に危険です。

くれぐれも手で払いのけたり急な動作をしないように注意してください。特に、餌場や巣の周辺では、まず威嚇行動をとるため、ハチが周囲に来た場合はむやみに騒がず、なるべく姿勢を低くしてゆっくりと安全な場所まで移動してください。

怖いもの知らずの子供時代でも、樹液にきたこのハチにはちょっかいを出さなかったものです。

今でもこのハチの羽音(幸いにも非常に羽音が大きいため気付き易い)がした場合は必ず動きを止め、ハチの位置を確認しながらゆっくり後ずさりをするようにしています。