リュウキュウミスジ

鱗翅目 タテハチョウ科

ryuukyuumisuji_8048160.jpg - 109,056Bytes
敏感なチョウで、普段はすぐに飛び去ってしまいますが、不順な天候のお陰か?なかなか逃げませんでした。

ryuukyuumisuji_8048165.jpg - 108,348Bytes

ryuukyuumisuji_8048176.jpg - 104,703Bytes
後翅は明るい赤褐色です。

奄美大島以南の南西諸島に分布する、やや小型のタテハチョウです。
沖縄本島では、アオタテハモドキと並んで、普通に見掛けるタテハチョウのうちのひとつでした。

本土に分布する「コミスジ」によく似ていますが、翅表の黒い部分がはっきりしているのと、翅裏の赤みが鮮やかなところが相違点です。

非常によく見かけるのですが、コミスジと同様にひらひらと飛んでなかなか止まりません。

写真では、食草の上だからか、それとも小雨がちの天候だったためか、ゆっくりと撮影できました。