オスクロハエトリ

ハエトリグモ科  オス10mm程度

osukurohaetori_00847.jpg - 139,227Bytes
ササグモを捕食中の成体オス

osukurohaetori_00874.jpg - 131,411Bytes

osukurohaetori_00972.jpg - 67,868Bytes

osukurohaetori_00931.jpg - 195,910Bytes

osukurohaetori_08870.jpg - 71,954Bytes
成体オスの特徴はあるが、体長7mmほどとやけに小さかった個体は亜成体?

osukurohaetori_P1098918.jpg - 192,973Bytes
自宅で見たもの、は亜成体ではないと思うがやや小柄な印象でした。

osukurohaetori_P1098937.jpg - 102,417Bytes

osukurohaetori_P7018626.JPG - 92,469Bytes
湿地のヨシの葉に住居を構えるオス。

osukurohaetori_P7018647.jpg - 62,742Bytes
隣の葉にメスらしき個体の住居があり、しきりに内部を伺っていました。

ヤハズハエトリの仲間は細長い体形が共通なうえ、この「オスクロハエトリ」の場合はメスの姿が「ヤハズハエトリ」にそっくりだそうです。

これまで見た中でも、ヤハズハエトリだと思っていたものにもこのハエトリグモのメスが混じっていたかもしれませんね。

 

今回初めて「これがオスクロハエトリのオス」だと判る固体に出会いました。
成体のオスはこのように真っ黒(といっても、金属光沢がある)ですが、ヤハズハエトリのように亜成体の体色は全く違ったものではないでしょうか。

 

その後見掛けたオスは大きさにかなり差があるのですが、若齢期の餌の量などにより体長のばらつきが大きいということなのか、亜成体のうちから成熟オスの特徴(体色や触肢の肥大化)が現れているだけなのか判断に苦しみます。