マネキグモ 

ウズグモ科  体長12mm前後

manekigumo_2818.jpg - 57,563Bytes

manekigumo_2837.jpg - 55,099Bytes
腹側から見たところ。

manekigumo_4499.jpg - 63,120Bytes
体の半分以上が強大な腕です。

manekigumo_7420.jpg - 25,543Bytes
アクロバチック!両腕で糸にテンションをかけて揺れないようにしています。

へんてこりんな姿のクモですが、ウズグモの仲間は一般のクモと違って単眼が6個しかありません。
マネキグモは「条(すじ)網」と呼ばれる1条〜2条程度の糸を張っただけの網を植物の間などに張り、自分は途中に縦またはY字型に止まっています。
(全く別種ですが、ヒメグモ科のオナガグモによく似た習性ですね。)

また、ウズグモの仲間やガケジグモの仲間は、他のクモ類とは違って「篩板(しばん)類」と呼ばれる仲間に属しており、一般のクモの「糸いぼ」とは異なる「篩板」と呼ばれる特殊な出糸器官を持っています。

網の粘着糸も一般的な「粘球」を持っておらず、2本の主糸に篩板から出される「梳糸(そし)」と呼ばれる細い糸が絡みついた構造をしているそうです。
(このような糸でも粘着性はかなりあるようです。)