ハナグモ

カニグモ科 メス6mm オス4mm程度

ハナグモ

ハナグモ

庭の花や木の枝などで普通に見かけます。

カニグモ科のクモは概ね長い第1〜2脚を捕獲用として使い、第3〜4脚を歩行に使うものが多くいます。

 

このクモの雄は雌よりかなり小柄で、第1〜2脚がさらに長くなっています。

雌は良く見かけるのに比べて、雄は絶対数が少ないようです。

危険を感じると第1〜2脚を広げて威嚇(それとも擬態?)のポーズを取ります。

また、雄の場合は特に1〜2脚を失っている確率が高く、小柄なのも相まって生存率が低いのでしょうか?

彼らも体色や模様に変化が大きいようです。

 

よく似たクモに「コハナグモ」があり、どちらかというと山地寄りに多いようです。
腹部背面の模様が黒斑状になっているのが特徴のようですが、今ひとつ見分けが難しいものですね。

こちらは「コハナグモ」だと思われます。
ハナグモ