チャスジハエトリ 

ハエトリグモ科  体長8mm前後

チャスジハエトリ チャスジハエトリ

子供の頃からの遊び友達です。
当時はおトイレも汲み取り式で、更にニワトリも飼っていたためハエは沢山いました。
ハエトリグモも家中の壁や窓などで活発に活動していました。
その頃いつも見たのは「白黒の縦縞」のハエトリグモでした。
ですから、私の中でこのハエトリグモがハエトリの代表選手でした。

意外にも図鑑などでは脇役のような気がするのですが、このハエトリグモが代表選手なのはこの地方だけなんでしょうか?
ちなみに、屋内種の代表選手のように言われる「アダンソンハエトリ」は、私の身近ではまったく見たことがありません。

屋内や屋外の壁面などによく見られ、性質はフレンドリーで(?)よく目が合います。
オスの成体は、はっきりした白黒の縦縞のコントラストが特徴的です。
逆にメス(と成熟前のオス)は茶色っぽくてあまり目立ちません。

オスはメスに出会うと、メスに向かって真っ黒い前脚を広げて見せ、左右に大きく蛇行するダンスをしながら近づきます。


チャスジハエトリチャスジハエトリチャスジハエトリチャスジハエトリ
いかにもハエトリグモ的なポーズのあれこれ。