ザトウムシの一種(屋久島産)

鋏角亜門 クモ網 ザトウムシ目 マザトウムシ科?  約7mm

zatoumusi_0296.jpg - 72,535Bytes

zatoumusi_7906.jpg - 52,713Bytes
肢のお手入れに余念が無い個体。体形的にはオス?

zatoumusi_0211.jpg - 63,761Bytes

2009年9月末に屋久島に遠征した際に見付けたザトウムシです。
海岸近くの森から最高峰の宮之浦岳山頂まで見られ、屋久島ではこの種が優占種のようです。(実際には他種は1種しか見掛けなかった。)

肢は非常に長くて黒い体ですが、目の前側中央と腹部寄り左右に白い斑紋があり、腹部にはやや緑がかった金属光沢を持ちます。
主に地上で見られますが、足が非常に速く、まるで豆粒が空中を飛んでいるように見えました。
確認した固体の全てが体の中央にトンガリを持っていることから、他の種類でも見られたこのトンガリは性差ではないことが伺えます。