ショウジョウトンボ 

トンボ目 トンボ科  体長45mm前後

syoujyoutonbo_5051119.jpg - 93,987Bytes
第一印象は、「真っ赤いトンボ」です。

syoujyoutonbo_5051457.jpg - 93,752Bytes
翅の付け根が橙色なのが特徴です。

syoujyoutonbo_5292969.jpg - 74,700Bytes

syoujyoutonbo_5050953.jpg - 86,884Bytes
未熟なメス。

自分の印象ではわりとありふれたトンボですが、あまり行動範囲は広くないのか平地の水辺とその周辺でしか見られず、山地や農地などでは見かけません。

ショウジョウとは猩猩(または猩々)のことで、いわゆる山地の猿の怪物です。
真っ赤な体色を真っ赤な顔をした猩猩に見立てた命名です。
アカネ類のように、虎縞の模様はなく、未熟なものも含めてこれといった目立つ模様はありません。
しかし、実際にはよく似た真っ赤なトンボは何種類かいますが、その中では前述のように、もっとも普通に見られるものです。

このトンボは、止まるときに前肢を畳まず、全ての肢を使ってつかまるようです。