シオカラトンボ 

トンボ目 トンボ科  体長50mm前後

シオカラトンボ

シオカラトンボ シオカラトンボ

平地で普通に見られるトンボの代表選手です。
現在、我が家周辺では「シオカラトンボ」より「オオシオカラトンボ」の方が多く見られます。
子供の頃は、はっきり区別していたかどうか怪しいですが、「シオカラトンボ」のほうが多かった印象です。環境の変化によるものでしょうか?

シオカラトンボの複眼は、歌のとおり「水色眼鏡」ですが、オオシオカラトンボやコフキトンボの複眼は黒〜こげ茶色ですので区別は容易です。
また、成熟したオスの腹部は後端の1/3程が黒く、後端のみ白いのが特徴です。
逆に、メスはいわゆる「ムギワラトンボ」と呼ばれますが、実は未成熟なオスも同じ色をしています。