リュウキュウルリモントンボ 

トンボ目 モノサシトンボ科  体長50mm前後

ryuukyururimontonbo_4255175.jpg - 92,374Bytes
鮮やかな瑠璃色の体色の成熟オス。

ryuukyururimontonbo_4233656.jpg - 93,388Bytes
瑠璃色がやや薄い、ちょっとだけ未成熟(?)なオス。

ryuukyururimontonbo_4233648.jpg - 87,647Bytes
未成熟オスは異色型のメスのような黄色い体色。

ryuukyururimontonbo_4255126.jpg - 81,118Bytes
異色型のメス。

ryuukyururimontonbo__4255176.jpg - 82,306Bytes
成熟オスの顔。モノサシトンボ同様、目が離れていて愛嬌を感じる。

ryuukyururimontonbo__4233685.jpg - 72,727Bytes
成熟オス。前胸背の一対の紋が特徴的、

ryuukyururimontonbo_4233680.jpg - 73,781Bytes
異色型の成熟メス。前胸背の紋は、長いストライプ状になっている。

モノサシトンボ科に属する、やや大型のイトトンボです。
沖縄特産種のトンボのうちでは、移動性に乏しいためかどこでも見られるわけではなさそうですが、生息地はやんばるの山地だけでなく、わりと身近な小川やその周辺の林も含まれます。

全体的にモノサシトンボに似ていますが、名前の通りオスは鮮やかな瑠璃色の体色にワンポイントで腹端に黄色の注し色が入っているのがおしゃれです。
メスの体色は基本色が異色型で、黄色の体色に加え、オスで特徴的な前胸背の一対の紋は無く、前後に長いストライプ状の帯になっています。
また、今回は見られませんでしたが、オスに近い瑠璃色の体色になる同色型も出現するようです。
逆に、未成熟なオスは、あたかも異色型メスの様な黄色の体色です。

沖縄遠征第2回では、やんばるの林道脇の渓流などをうろついた際には出会えず、今帰仁村の小川の周辺の森の中で出会えました。
撮影に際しては激しい蚊の襲来いに遭い、シャツの上からも刺されてしまって難儀しました(^^;