ミヤマカワトンボ 

トンボ目 カワトンボ科  体長45mm前後

miyamakawatonbo_01528.jpg - 115,974Bytes
日差しに輝いて非常に美しい体色です。

miyamakawatonbo_01544.jpg - 91,433Bytes

miyamakawatonbo_01520.JPG - 117,599Bytes

miyamakawatonbo_01451.jpg - 115,985Bytes
メスの翅には偽縁紋が目立ちます。

「ミヤマ」の名前通り、全国の河川中・上流域に生息する大型のカワトンボです。

特にオスの琥珀色の翅は日差しに輝き、ハッとするような美しさを感じます。
ただし、オスは琥珀色の体とメタリックグリーンの腹部を持っていますが、メスはメタリックの輝きがなく、くすんだ印象です。
また、メスの翅には明瞭な「偽縁紋」があり、見分けは容易です。
(生息域は重ならず、大きさも違いますが、何となく「ハグロトンボ」のメスのようにも見えますね。)