ハラビロトンボ 

トンボ目 トンボ科  体長40mm前後

harabirotonbo_5292795.jpg - 87,665Bytes
「なんだか寸詰まりなオオシオカラトンボ」みたいな印象。

harabirotonbo_5292789.jpg - 86,490Bytes
鼻先は青藍色の輝きがあります。

harabirotonbo_5293008.jpg - 87,765Bytes

harabirotonbo_5293060.jpg - 87,346Bytes
メスだと思ったら、未熟なオスでした。

harabirotonbo_5050591.jpg - 91,543Bytes
メスは腹部の先端まで幅広。

やや寸詰まりで、腹部の幅が広いことからの命名です。

成熟したオスは黒ずんだ体色になり、腹部はオオシオカラトンボのような青い粉を吹いてきますが、これまでは未熟な個体や明るい黄褐色のメスしか見たことがありませんでしたが、桶ヶ谷沼では多数の発生が見られました。

発生する環境的にはベッコウトンボとも競合しますが、ベッコウトンボにやや遅れて発生のピークを迎えます。
ただし、水場では同時期に見られるやや大型のショウジョウトンボのほうが幅を利かせているようで、周辺に追いやられるように縄張り行動をとっている印象でした。