ベッコウトンボ 

トンボ目 トンボ科  体長45mm前後

bekkoutonbo_5293662.jpg - 110,297Bytes
第一印象は、名前とは違って「真っ黒いトンボ」です。

bekkoutonbo_5051231.jpg - 87,200Bytes
こちらは少し未熟な「ややベッコウ残し」の色合いです。

bekkoutonbo_5051560.jpg - 69,435Bytes

bekkoutonbo_5051081.jpg - 94,403Bytes

bekkoutonbo_5051167.jpg - 112,707Bytes
少しベッコウ色の入ったメス。

東北南部から四国・九州までが本来の分布とのことですが、現在ではほとんど見られず、静岡県磐田市の桶ヶ谷沼以外で多数発生する場所はほとんどないとのことです。

桶ヶ谷沼と隣接する鶴ヶ沼では保護が功を奏して、非常に多く見られます。
それほど極端な環境に棲むようには思えませんが、1年を通じてヤゴが成育できるような環境さえ保全されれば、繁殖自体には困難さは無いということでしょうか?
(アキアカネなどのように、夏から秋に発生して卵で越冬するような生活であれば水田などでも繁殖可能ですが、このトンボは幼虫が越冬するための通年維持される水場を必要とします。)

名前は未熟な個体の体色が「ベッコウ色」をしていることからきているとのことですが、まだ見たことがありません。

春に出現し、初夏の頃には殆んどいなくなってしまいます。

交尾は短時間で終わってしまうようで、連結したまま飛び回ったりはしないようです。
たまたま見かけたペアも、連結したまま止まることはほとんどなく、空中で交尾してすぐに離れてしまいました。

産卵はメス単独で行い、飛びながら腹端を水面に打ち付けるようにして行います。