アオイトトンボ 

トンボ目 アオイトトンボ科  体長30mm前後

aoitotonbo_09116.jpg - 58,701Bytes

aoitotonbo_09038.jpg - 56,334Bytes

aoitotonbo_09067.jpg - 58,248Bytes

背面が金属光沢の青色の、やや大型のイトトンボです。
アオイトトンボの仲間は他の均翅亜目のトンボと違って、翅を開いて止まるのが特徴です。

同属のオオアオイトトンボ、コバネアオイトトンボなどに比べると、オオアオが最も普通に見られ、次に本種、コバネは非常に少なくて各県で絶滅危惧種に指定されています。

オオアオがどちらかというと大柄な体形で体色も緑色なのに対し、本種のほうが小柄でより「青」に近い爽やかな色合いです。

また、イトトンボというと「水辺のトンボ」というイメージですが、アオイトトンボ属は林の中やその周辺で見ることが多く、繁殖以外ではあまり水辺に依存していないようです。