スジチャタテ 

チャタテムシ目 チャタテムシ科  約5mm

SUJICYATATE_030615_1.JPG - 27,633BYTES
複眼が大きいオス

SUJICYATATE_030615_2.JPG - 42,136BYTES

SUJICYATATE_8954.JPG - 53,224BYTES SUJICYATATE_1023.JPG - 59,753BYTES
複眼の小さいメス(左)と、幼虫の集団(右)

マイナーなチャタテムシ達の中で、最もよく見かける種類のひとつです。
姿も、特徴的な翅の模様で見分けやすいものです。
また、この種は「オスは複眼が大きく、メスは小さい」というのをはっきり確認したことがあります。

成虫はどちらかというと不活発ですが、幼虫は群れで暮らし、危険を感じると「ザワザワ」と蠢き、一種異様な雰囲気があります。
幼虫は枯れ木や石の表面に群れて、地衣類などを食べて暮らし、成虫になると次第にバラバラに散っていくようです。