ミヤマヒメカゲロウ? 

脈翅目(アミメカゲロウ目) ヒメカゲロウ科  約7mm

MIYAMAHIMEKAGEROU_2551.JPG - 64,945BYTES
ヒメカゲロウの典型的な翅の畳み方です。

MIYAMAHIMEKAGEROU_2539.JPG - 65,145BYTES

MIYAMAHIMEKAGEROU_2547.JPG - 58,380BYTES

ヒメカゲロウの仲間は、その名の通り小型のカゲロウの仲間です。
多くはやや幅広の翅を屋根型に(というより2枚貝のように?)畳んでとまります。

写真は、斑紋の様子と頭部から体の両側面にかけて暗色の帯があることから「ミヤマヒメカゲロウ」としましたが、いま一つ確定的ではありません。
このように、ヒメカゲロウの仲間は小型なうえに資料が少なく、同定が非常に困難な仲間ばかりです。

写真の個体は、湖西連峰(愛知県と静岡県の県境)で見付けたものですが、やはり非常に活動的で、撮影に苦労しました。