キマダラシマトビケラ 

トビケラ目 フトヒゲトビケラ科  約15mm(翅端まで)

kimadarasimatobikera_0344.jpg - 68,974Bytes
トビケラとしては珍しく、昼間活発に活動します。

kimadarasimatobikera_0354.jpg - 71,203Bytes
体色にやや濃淡があるのは性差? 

初夏に山地の渓流などで発生するトビケラとしては例外的な(失礼)美麗種です。

トビケラというと、地味な色合いでもっと小型の種が一般的で、どちらかというと不活発なイメージが強いものです。
このトビケラの場合、色合いも明るくて活発に飛び回るため、初めは昼行性の「ガ」の一種かと思いました。

また、この種の場合は毛むくじゃらな者が多いトビケラのなかでも毛が少ないことも他と違う点でしょうか?