エゾハサミムシ 

ハサミムシ目 ハサミムシ科  約15mm

エゾハサミムシ エゾハサミムシ

エゾハサミムシ エゾハサミムシ

ハサミムシ目(革翅目)はいわゆる「ハサミムシ」だけで構成される、マイナーな分類群です。その名のように、腹部末端に「ハサミ」状の器官を持っています。
多くの種類は(見掛けによらず)立派な翅を持っていて飛ぶことが出来、イメージとしては「ハネカクシ」の仲間のような印象です。

エゾハサミムシは森林などの落ち葉の下に生息するハサミムシで、腹部末端の「ハサミ」がずいぶん細長いピンセットのような形をしています。
体色もどちらかというと褐色で腹端は赤く、前翅は黄褐色をしているため、意外に目立ちます。
前胸部が細くくびれているため、首が長くてモデルさん体型(?)に見えます。