アミメクサカゲロウ 

脈翅目(アミメカゲロウ目) クサカゲロウ科  約15mm

AMIMEKUSAKAGEROU_1292.JPG - 60,924BYTES
このようにとまっていると、輪郭がはっきり判らず、上手い迷彩になっています。

AMIMEKUSAKAGEROU_1280.JPG - 55,167BYTES

AMIMEKUSAKAGEROU_1278.JPG - 55,132BYTES

アミメクサカゲロウは、クサカゲロウのように翅を屋根形に畳むのではなく、平たく(水平に)畳んだ状態で、葉裏などにとまっています。

翅は小判型で大きく、その名のようにレースのような網目模様が非常にきれいです。
触角は体長よりも長く、頭から翅の先よりも長いくらいです。

我が家の庭では普通の「クサカゲロウ」と共に意外と普通に見られます。
幼虫の姿は「クサカゲロウ」とよく似ているようで、庭で見かける幼虫がどちらの幼虫かはっきりしません。