ウスバツマキジョウカイ

甲虫目 ジョウカイボン科  約6mm

ウスバツマキジョウカイ

ウスバツマキジョウカイ ウスバツマキジョウカイ

春に現れる小型のジョウカイボンの仲間ですが、非常に小さくて薄い色合いな上に動きが素早く、撮影は非常に困難です。上手く写せた写真がありません(^^;

山地の植物の葉上などで見られますが、出現期間はたいへん短いようです。

もともと柔らかくて薄い前翅は腹端まで届かず、先端が黄色くなっているのが名前の由来です。
相対的に目が大きく、頚部が細くくびれているため、まるでこけしのような体形です。