トウキョウヒメハンミョウ

甲虫目 ハンミョウ科  9mm前後

トウキョウヒメハンミョウ

トウキョウヒメハンミョウ トウキョウヒメハンミョウ

トウキョウヒメハンミョウ トウキョウヒメハンミョウ

トウキョウヒメハンミョウ

調べてみたところでは、東京の周辺と山口県、九州など、分布は局部的ということです。
形態的には「トウキョウヒメハンミョウ」だと思いますが、愛知県にも分布しているのかは不明でしたのでちょっと「?」が入っています。(図鑑によっては静岡県にも分布とある)

前胸部下面には毛がほとんど無く、上唇には中央に鋸歯が1つで両側が弱く湾曲、、上唇中央部はやや高まりはあるが顕著ではない?また、複眼の間の頭部には顕著な縦皺があります。

エリザハンミョウやコニワハンミョウよりも更に小型で、輝きも少ないため見た目はほとんど「ハエ」のようです。
雑木林で、足元から飛び立って着地した後の態勢が「なんかハエと違うなあ?」と思ってよく見たらこのハンミョウでした。

体は黒褐色に近く、粗い点刻に覆われているため、益々色気が無く見えてしまうのでしょう。
顔も上唇・大顎が黒っぽい個体が多いため正体不明に見えます。

非常によく飛んで移動しますが、草の葉の上などにも止まっていることも多いのは身軽な証拠ですね。

7月から8月にかけて見られましたが、生態はよく判りません。