タイワンヤツボシハンミョウ 

甲虫目 ハンミョウ科  体長15mm前後

taiwanyatsubosihanmyou_P1166667.jpg - 149,658Bytes
現地ではハッとするほど深い鮮やかな色合いに驚きました。

taiwanyatsubosihanmyou_P1166622.JPG - 163,734Bytes
「ハンミョウ」よりもややスリムで薄い体形?

taiwanyatsubosihanmyou_P1166632.jpg - 141,117Bytes

taiwanyatsubosihanmyou_P1166641.jpg - 145,669Bytes

2019年秋の石垣島遠征の際に、日帰りで出掛けた西表島で見付けました。
現地で見たときには本土のハンミョウ以上に警戒心が強い印象で撮影にはかなり苦労しましたが、「やったー!南国らしいハンミョウ、ゲットだぜ!」と大喜びでした。
しかし、帰宅後によくよく調べてみると、本種は2000年代初頭に台湾から西表島に侵入した外来種だということが判りました。(人為的かどうかは不明?)
現在では西表島全域でみられるとのことです。

全身が鮮やかで深みのある瑠璃〜緑色に白斑があり、そこに赤も混じる「ハンミョウ」に比べるとやや地味かもしれませんが、渋みのある美しい昆虫です。

亜熱帯に属する西表島といえども季節性はあるので、ちょうど昆虫の端境期に当たってしまったようで、思ったほどの出会いがなかった中で本種は複数の個体に出会うことができた数少ないの甲虫のうちの一つでしたが、外来種ということでやや複雑な気持ち…