ムネアカクロジョウカイ

甲虫目 ジョウカイボン科  約12mm

muneakakurojyoukai_4391.jpg - 64,054Bytes

 muneakakurojyoukai_4238.jpg - 75,413Bytes

muneakakurojyoukai_4255.jpg - 63,693Bytes

muneakakurojyoukai_4061.jpg - 68,342Bytes

初夏に山地で見られるジョウカイボンですが、真っ赤な前胸部が特徴的です。
ところが、実際には「前胸部の赤いジョウカイボン」は数種類あり、図鑑の記載などでも非常に判り辛いのが実情です。

初めはクビアカジョウカイかとも思ったのですが、前胸部が前後に長く、前縁が円弧状になっていることから「ムネアカクロジョウカイ」としましたが、少し自信がありません。

東三河では6月頃出現しますが、他の種同様に短期間で姿を消してしまうようです。