ヒガシマルムネジョウカイ
(種名訂正しました)

甲虫目 ジョウカイボン科  約15mm

ヒガシマルムネジョウカイ

ヒガシマルムネジョウカイ

ヒガシマルムネジョウカイ

ヒガシマルムネジョウカイ

ヒガシマルムネジョウカイ

ヒガシマルムネジョウカイ

図鑑やネットで見るマルムネジョウカイは全体に褐色の明るい体色のジョウカイボンという印象ですが、愛知・長野県境の茶臼山で最も普通に見られるこのジョウカイボンは、全体が暗色傾向のものばかりです。
サイズ的にも同じ場所で同じ時期に見られる「ジョウカイボン」と大して変わらない印象でもあり、「マルムネジョウカイ」としてしまうにはかなり疑問符が強く付いてしまいます。
しかし、どう見ても前胸背板は丸く、「原色日本甲虫図鑑」でも他にこのような丸い前胸背を持つ種は見つかりませんでした。

茶臼山では初夏から夏にかけて出現し、6月頃に交尾している姿が見られます。

-----------------------2010.08.03追記-----------------------------

どうやら前胸部が丸いマルムネジョウカイの近縁種の「ヒガシマルムネジョウカイ」のようです。
中部地方以東に分布し、全体に黒化傾向が強いのが特徴のようです。
(マルムネジョウカイは中部地方以西に分布するようです。)