クシヒゲベニボタル 

甲虫目 ベニボタル科  体長13mm前後

kusihigebenibotaru_2470.jpg - 72,378Bytes
かなり大型で、17mm程あったと思われるメス

kusihigebenibotaru_3151.jpg - 82,613Bytes

kusihigebenibotaru_3793.jpg - 69,908Bytes
櫛状の触角が特徴的なオス

kusihigebenibotaru_3798.jpg - 83,195Bytes

初夏に山地で見られるベニボタルの仲間ですが、一見するとオスの櫛状の触角などから、最も普通に見られる「カクムネベニボタル」のように見えます。
実際には前翅の色合いが違うのと、前翅表面の隆条列が大きく異なります。
隆条が9本あって、隆条間の間室が四角い格子状になっている「カクムネ」に対して、「クシヒゲ」のほうは隆条は4本で、間室は無くてのっぺりしています。
また、前胸部は単純な四角形に近い「カクムネ」に対して、「クシヒゲ」は中央のくびれた尖った五角形で、特に後角は突出しています。

オスの触角はその名の通り「櫛状」ですが、メスの触角は非常にはっきりした鋸歯状です。

また、「カクムネ」同様にメスのサイズはかなり個体差が大きいようです。