クロヒゲナガジョウカイ

甲虫目 ジョウカイボン科  約8mm

クロヒゲナガジョウカイ

 クロヒゲナガジョウカイ

クロヒゲナガジョウカイ

初夏に山地で見られるジョウカイボンですが、触角が非常に太くて長く、まるでベニボタルの仲間のように見えます。
体形的にも細長くて全身真っ黒なため、初対面ではジョウカイボンの仲間に見えませんでした。(カメラのファインダー越しに見ると、その顔付きはまさしくジョウカイボンですが)
特徴的なプロポーションのため、他種との見分けは容易ですね。

これまでに見たところではあまり活動的ではないように感じましたが、この長い触角のせいでしょうか?