カナブン

甲虫目 コガネムシ科  約25mm

カナブン 

カナブン

カナブン

樹液などで最も普通に見られるやや大型のコガネムシの仲間です。
とにかくこれでもかというほど「四角い顔」をしていて、色は概ね銅色、青銅色などが普通です。

コガネムシは樹液に集まっている時など、食事に夢中で全く無防備に見えます。
他人事ながら、どうやって身を守っているのか心配になってしまいますね。
幸いにも、あまりにも普通に見られるため子供たちには人気が無いのが救いかしら…

カナブンやハナムグリの仲間は上翅を閉じた状態で飛ぶことができるため、飛んでいる姿はヘリコプターか装甲車?