アシナガオトシブミ 

甲虫目 オトシブミ科  約8mm

asinagaotosibumi_1654.jpg - 71,088Bytes
オスは鼻面と触角が長く、前肢の脛節が長い。

asinagaotosibumi_1677.jpg - 65,065Bytes

asinagaotosibumi_0852.jpg - 69,624Bytes
メスは非常に寸詰まりな印象。

asinagaotosibumi_1774.jpg - 67,393Bytes

asinagaotosibumi_1497.jpg - 64,712Bytes
やや黒ずんだ体色のメス。

オトシブミの仲間としては少数派の寸胴体形が特徴的です。
幅が広くて前後に詰まった体付きで、どちらかというと「チョッキリゾウムシ」の仲間のように見えてしまいます。(首も短いし)
でも、顔を見ると確かにオトシブミの顔をしていますね。

オスはメスに比べて触角と鼻先が長く、前肢の脛節が長くて湾曲しています。

4月頃には前胸部が赤い個体をよく見かけますが、次第に体が黒化して「オトシブミ」のように前翅だけが赤い状態になるようです。
(すみません、まだ未確認ですが)

新城市の里山周辺のコナラやカシ類の上で見られました。