ヒメマダラカモドキサシガメ

半翅目 サシガメ科  6mm前後

himemadarakamodokisasigame_09500.jpg - 85,423Bytes
前方(左)に向かって伸びているのは触角で、前肢はカマキリのように折り畳まれています。

himemadarakamodokisasigame_09489.jpg - 81,935Bytes
なんだか「アメンボ」のようにも見えますね。

himemadarakamodokisasigame_09553.jpg - 63,259Bytes
側面から見ると、アシナガサシガメ特有の体形が判ります。

himemadarakamodokisasigame_09565.jpg - 79,968Bytes
落ち着くと翅を重ねて閉じるようです。

himemadarakamodokisasigame_09569.jpg - 73,642Bytes

アシナガサシガメもほとんど見たことがありませんが、その中に「カモドキサシガメ」なんていう仲間がいることさえ知りませんでした。

アシナガサシガメの仲間ですが、この仲間は小さいうえに普通に植物の葉上などを徘徊することは無いようですので、目に付きにくい一族といえますね。

2014年の夏は天候不順で出掛ける機会も無く、自宅で漫然と(^^;パソコンをいじっていたら、モニターの隅に何か飛んできました。
「あれ、ヤブカかな?」と思ってよく見ると、非常に小さなアシナガサシガメのように見えました。
大急ぎでカメラをと思ったら、2階の防湿ケースにしまってあったため手間取ってしまい、戻ったときには姿を消してしまっていました。
とにかく小型なこともあり、もう一度見つけることができるか疑問でしたが、その後も見付からないかと注意を払ってたお陰か、晩御飯のあとで天井に止まっているのを発見!
食卓の上に登って激写(^-^;したのが上の写真です。
(撮影後はフィルムケースに捕獲して外に逃がしてやりました。)

それにしても「カモドキサシガメ」とはよく言ったもので、知らずに見たら大きさも含めて「ヤブカ」だと思っても不思議じゃないですね。
彼ら自身は「蚊に擬態している」わけではないと思いますが…。

カメムシも面白い!!」のHPで検索したところ、特徴から本種としました。
日本国内でもカモドキサシガメの仲間は数種いるそうですが、詳しい生態などは判っていないようです。