アカスジオオカスミカメ

半翅目 カスミカメムシ科  13mm前後

akasujiookasumikame_07391.jpg - 83,010Bytes
基本形の「赤スジ」型、ナガカメムシの仲間のようにも見えます。

akasujiookasumikame_08799.jpg - 69,087Bytes
橙色のタイプ

akasujiookasumikame_07319.jpg - 90,420Bytes
ベージュに近い「黄スジ」タイプ

akasujiookasumikame_08821.JPG - 87,812Bytes
黄スジが更に黒化したタイプ。

世界最大(級)といわれる大型のカスミカメムシの仲間です。

わりと珍しい種のようで、2015年に初めて出会いましたが、そもそも見た目から「カスミカメムシの仲間かな?」とは思いましたが、とにかく一般にちびっ子ぞろいのカスミカメムシとは、サイズが一線を画しています。
(カスミカメムシではないのなら、模様からするとナガカメムシのようにも見えてきました。)

「日本原色カメムシ図鑑」にも載っていなかったのですが、「大型」「カスミカメムシ」でWeb検索したら出てきました(^^)

最初に見たときには、同じ木に赤いものと黄色いものが見られましたが、黄色いほうは「羽化したてで、まだ体色が薄いのかな?」と思っていました。
実際には、名前の通りに「赤スジ」ものが基本ですが、全身赤いものから赤スジ、橙スジ、黄スジ、全身ほとんど真っ黒まで、色彩変異が激しいもののようです。