オオイシアブ

双翅目 ムシヒキアブ科  約25mm

オオイシアブ
コメツキムシを捕食中のメス。コメツキムシの悲鳴が聞こえてきそう。

オオイシアブ
こちらは全体的に茶色い毛が多いメス。

オオイシアブ
オスは体幹部全体が真っ黒です。

オオイシアブ
イシアブやヒゲボソムシヒキの仲間は、とまってすぐは翅を開いていることが多いようです。

オオイシアブ オオイシアブ
アオカミキリモドキを捕食するオス(左) 食事中の独特の姿勢をとるメス(右)

オオイシアブ
別種かと思うほど全体の毛が茶色いメスの個体(それとも別種?)

とにかく大型で毛むくじゃらで頑丈な体付きをしていて、ムシヒキアブの中のヘビー級です。
同様にヘビー級のシオヤアブが平地などの開けた場所でも見られるのに対し、どちらかというと里山や低山地で見られ、より自然度の高い環境が必要なようです。
初夏から夏にかけて、上記のような環境で見られます。

我が家周辺では見られず、図鑑などではおなじみなのですが、初めて見たときには大きさとごつさに圧倒されました。

かなり用心深い性質で、近づきにくく、なかなかアップの写真が撮れませんでした。
(お食事中のほうが近付きやすいのは他の捕食昆虫と同じですね。)

オスはやや小型で、胸部は真っ黒いようです。