コウヤツリアブ

双翅目 ツリアブ科  約13mm

コウヤツリアブ

コウヤツリアブ

真っ黒い体で背面には毛は少なく、腹部の末端に銀色の毛の部分があります。
翅は前半が暗色で、後半の透明部分に大小二つの斑紋が遊離しています。
よく似た種類がいくつかあり、翅の模様などで見分ける必要があります。

林の周辺などでよく見られ、ハナバチの巣に卵を産みつけて寄生して育つとのことです。
枯れた切り株や石垣などの周辺に定位して、ハナバチが通り掛るのを待っているようです。

決まった位置からなかなか離れることはありませんが、近づくとすぐに飛び立ってしまい、なかなか撮影しにくくて苦労します。