コムライシアブ

双翅目 ムシヒキアブ科  約15mm

KOMURAISIABU_5438.JPG - 62,581BYTES
こちらは腹端の形からメスのようです。

KOMURAISIABU_5470.JPG - 66,335BYTES

KOMURAISIABU_5158.JPG - 70,420BYTES

KOMURAISIABU_5727.JPG - 66,897BYTES
こちらは腹端の形状からオスのようです。

夏の山地では、場所によってはかなり普通に見られるうちの一種です。
体形は細長く、見ようによっては「ミズアブの仲間」のようにも見えます。
他のムシヒキアブに比べ、翅をV字型に開いている状態で静止していることが多く、体形とも相まってムシヒキアブのように見えません。
また、雌雄の大きさにあまり差が無い印象です。

動作は敏捷ですが、どちらかと言うとフレンドリーな性格で、撮影しやすい相手です。
とまり方も、葉の上に水平にとまるタイプですので、山道を歩いていても見つけ易く、飛び立ってもすぐに近くにとまる方ですね。

2007年8月に段戸裏谷の森を歩いた際には、非常に多くの個体と出会いました。