カワムラヒゲボソムシヒキ

双翅目 ムシヒキアブ科  約17mm

こちらはメスのようです
カワムラヒゲボソムシヒキ

カワムラヒゲボソムシヒキ

かなりメリハリのあるグラマーな体形です(^^)
カワムラヒゲボソムシヒキ

交尾器の上に毛の束があるほうがオス
カワムラヒゲボソムシヒキ

アシナガバチやスズメバチの仲間に擬態した、派手な模様が特徴的です。
実際、初めて見たときには「スズメバチか!?」と思ったほどです。

平地では見たことが無く、山地の開けた草地や林縁などで暮らしているものの様ですが、東三河では生息地は意外に限られているようです。

ハチへの擬態の効果のためか、近付いてもあまり逃げることが無く撮影に付き合ってくれるフレンドリーな性格です。
上空を虫などが飛ぶと、かなりくるくると頭を回し、獲物との距離を両眼視で測っているようです。