イッシキイシアブ

双翅目 ムシヒキアブ科  約20mm

イッシキイシアブ
中型でスマートな体形をしています。

イッシキイシアブ
全体に金毛が多いオス。

イッシキイシアブ
メスは肢など一部を除いて金毛は生えていない。

イッシキイシアブ
ハムシダマシを捕食するメス

夏に山地で見られる中型のイシアブの仲間です。
オスの体は全体に金毛が生え、腹節の境界あたりに回り込んでいるため、腹部が虎縞に見えます。
メスは金毛がなく、腹部もほとんど毛がありません。
翅は先端に行くにしたがってやや暗色になります。

体形はコムライシアブと似ているため、初めは個体差なのかな?と思っていましたが、オスの腹部の形状は異なります。
逆に、メスの場合はコムライシアブやカタナクチイシアブとよく似ていて区別がなかなかつきません。
日本産のイシアブの仲間は全体的によく似たものが多いことや、和名の付いていないものも多いため同定には自信がありませんので、間違っているかもしれません。