ハチモドキハナアブ

双翅目 ハナアブ科  約13mm

hachimodoihanaabu_02126.jpg - 81,547Bytes
翅は全体に暗色で、青い輝きがあります。

hachimodoihanaabu_02129.jpg - 66,616Bytes
基部が長く伸びた先に触角が生えているため、触角全体が長く見えます。

hachimodoihanaabu_02179.jpg - 78,383Bytes
ハチのような配色だけでなく、腰もくびれています。

hachimodoihanaabu_02162.jpg - 75,529Bytes

hachimodoihanaabu_02194.jpg - 92,078Bytes
木屑の隙間に産卵管を差し込んでいる。

赤黄のストライプと長い触角、くびれた腹部と、普通のハナアブに比べて体形的にもハチによく似た姿に擬態したハナアブの仲間です。

初めて見たときは、くびれた腰やアンテナのような触角の雰囲気から「これはメバエの仲間だな」と勝手に推測、なかなか同定できませんでした。

クヌギの樹液の出ている周辺にご執心なのは、樹液ではなく産卵場所として利用するためだったようです。
腹部を曲げて産卵らしき行動をしているなと思ったのですが、写真の中に産卵管を木屑の隙間に差し込んでいるシーンが写っていました。