オオズアリ 

膜翅目(ハチ目) アリ科  体長3mm(職アリ)前後

オオズアリ

オオズアリ

我が家周辺でも一般的に良く見られます。
働きアリの体は細身で小さく、頭が卵形で足が長い体型です。
名前のもとになったのは兵隊アリで、体も一回り大きいだけでなく大変大きな頭をもっています。

兵隊アリの割合は概ね数%程度のようですが、はっきり言って普段は「何もしていません」。
ただ歩き回っているだけで荷物を運ぶわけでもなく、何となくボ〜ッとしているだけのような印象です。
引越しの際も、働きアリが蛹や卵を運んでいても彼(女)らは「ただついて歩いている」だけ。
では、実際に何に役立っているかというと、どうやら写真のように獲物の解体を引き受けているようです。
歩くカッターのようなもの?だだし、解体後はやっぱり自分では運びません…何て極端な分業??

普段は見かけませんが、女王アリはぐっと体が大きく、翅は白っぽくて顔立ちは兵アリによく似ています。

引越し中の女王(結婚飛行前)と蛹を運ぶ働きアリ
オオズアリ

中部地方にはこの「オオズアリ」と「アズマオオズアリ」の両方が分布しています。
アズマオオズアリの方は全体的に茶色でややずんぐりしています。

アズマオオズアリ
アズマオオズアリ