クロオオアリ 

膜翅目(ハチ目) アリ科  体長11mm前後

クロオオアリ

クロオオアリ(左働き蟻、右兵隊蟻)

我が家周辺で見られる中では最大種です。
どちらかと言うと赤土の開墾地や、神社仏閣などの開けた乾燥した場所を好みます。
子供の頃、近くの神社に行くとこのアリがいるのが楽しく思えました。

体は基本的に真黒ですが、働きアリは腹部に細かな毛の生えた帯があり目立ちます。
兵隊アリは頭が大きくていかにも強そうですが、働きアリに口移しで餌をもらう姿が見られます。

結婚飛行に現れた雄アリ(飯喰ってる場合か?)
クロオオアリ(オス蟻)

結婚飛行に現れた新女王アリ
クロオオアリ(女王蟻)

後足で翅を落としている女王アリ
クロオオアリ(翅を落とそうとしている女王)

羽アリの翅の色は飴色で、6月頃結婚飛行に飛び立ちます。
羽アリはそれほど遠くまでは飛びませんが、飛行のために胸部が発達しています。
無事に交尾を済ませた女王は自分で翅をこそげ落としてしまい、巣作りに移ります。