アミメアリ 

膜翅目(ハチ目) アリ科  体長3mm前後

アミメアリ

アミメアリ

頭と胸に細かな皺があることから「網目蟻」と名付けられています。
体は茶褐色で、腹部は丸くて艶があります。

この蟻は、他の蟻のように地中や植物の組織内などに決まった巣を作らず、落ち葉の下などに群れて一時的な巣を形成し、条件が悪くなると移動して生活しているようです。

働き蟻の体そのものが家となり、その中で産卵や子育てを行っていますが、雨などの気象の変化にどのように対応しているのか(他人ながら)心配になってしまいますね。

気温の変化などに対応して、密集して保温したり密集を解いたりを行っているようです。
外敵に対して防備は十分でないようで、周囲にアオオビハエトリが待ち構えていて、幼虫や蛹を横取りしているのも見られます。