ツバメシジミ

鱗翅目 シジミチョウ科

tsubamesijimi_5354.jpg - 61,631Bytes

tsubamesijimi_0443.jpg - 72,158Bytes

tsubamesijimi_0467.jpg - 67,216Bytes

tsubamesijimi5369.jpg - 64,162Bytes
翅裏もややくすんだ色調のメス

我が家周辺の平地で普通に見られるシジミチョウの仲間です。
後翅に尾状突起があることから「ツバメ」の名前がついたようです。
オスの翅は、表が明るい紫がかった瑠璃色で、裏は白地に黒い斑点と後翅にオレンジの紋があります。
メスの場合は表がややくすんだ黒ですが、瑠璃色がかった輝きのあるものも見られます。

子供の頃、普通に見るのはベニシジミかルリシジミと思っていたのですが、実際にはこのチョウだったのかもしれません。

シロツメクサやカラスノエンドウなどのマメ科植物を食草とすることから、平地から低山間地の人里近くでよく見られます。